緑のコーヒー豆抽出物 – 博士オズの減量をお勧めします

それは食事療法や運動を必要とせずポンドを溶かすことができる革新的な新しい減量製品として予告されています。

明らかに聞こえるがあまりにも true の場合、緑のコーヒー豆抽出する良い自然食品店で棚に飛ぶと、需要が高いオンラインです。

今はトップセラー間ステイシー ・ アン ・ Bistak、ノアの自然食品トロントで働くと述べた。我々 はそれを実行定常を過ごしました。

それは緑のコーヒー豆抽出物人気述べた後急増、博士オズ ショーに偶然の一致です。緑のコーヒー豆抽出物を呼び出すために奇跡の製品の批評家を取られて後 9 月に博士メフメットオズ彼自身補遺実験。100 の女性被験者を使用して、オンスは、彼は 2 週間で 2 ポンドの平均のエキスを取った女性を失った発見と述べた。プラセボを取った女性 1 ポンドの平均これらの 2 週間中に失われました。

確信して?ちょうど判断を留保することがあります。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

どのような緑のコーヒー豆ですか?

緑のコーヒー豆ローストされていない bean だけです。緑のコーヒー豆には、支持者と言うことにより減量を促進するグルコースのリリースに体が低下食事の後、クロロゲン酸が含まれます。コーヒー豆を焙煎しているときに、クロロゲン酸のほとんどが失われます。クロロゲン酸と作られた抽出、カプセルの形には消費者に販売する前に変換されます。それは安くはないです。今月の供給は $20 ~ $30 の間を要することができます。

クレームに緑のコーヒー豆

緑のコーヒー豆抽出物、インターネット検索を入力するだけ、あなたが重量を失うを助けるためにその能力を広告企業が殺到するでしょう。もう少し近くを見て、それらのサイトの多くは彼らの主張をバックアップするには 1 つの特定の研究を参照することがわかります。ジャーナルの糖尿病、メタボリック シンドローム ・肥満、出版される調査の 8 つの男性と 8 人の女性に実施しました。彼らはそれぞれ高線量・低線量の緑のコーヒー豆抽出物、プラセボを 3 つの個別の 6 週間にわたる実験で与えられました。参加者はカロリー数がほぼ同じコース実験の間、毎日消費することが奨励されました。

22 週間後または約 5 ヶ月後、研究者は平均すると、参加者 17 ポンド以上を失った、見つけた。

博士ジョー Vinson、ペンシルベニア州スクラントン大学で化学の教授によると、関連付けられた有意な体重減少をしていると、研究の著者に 。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

研究に緑のコーヒー豆

研究は、広く緑のコーヒー豆抽出作品証拠として引用されているが、栄養と肥満の専門家は、結果の妥当性を懸念しています。彼らは研究といくつかの問題を強調表示、特に事実、奇妙な斬新な設計がそれはいくつかの非常に関与人します。

彼らはまた緑のコーヒー豆抽出物の減量のために責任がなかった示唆している試験のプラセボ フェーズ中に、研究参加者の失われた体重をポイントします。たとえば、参加者は自分の体重とダイエットの研究の一環として監視されたので、スリム化することをお勧め感じるかもしれない。

明確には何もそれについて魔法博士 Arya シャルマ、医学部教授および肥満研究とアルバータ大学での管理の椅子と述べた。

しかし、まだ研究結果を信じるしたい場合でも、それは人々 が彼らのカロリー摂取量や身体活動のレベルを変更することなくが重量のかなりの量を失うことができるということを検討してください。可能です。

通常研究、宇宙の物理法則を破るときに、何か研究自体が間違っている通常博士 Yoni Freedhoff、重い事項、栄養の問題に人気のあるブログを書いているオタワの肥満の医学研究所の医療ディレクターと述べた。

研究の下に脚注、著者らは彼ら利害の対立がこの作品であること注意してください。全体のストーリーを教えてくれない。ヴィンソン研究の筆頭著者として記載されていますが、彼は実際に研究のいずれかをしませんでした。研究は、インドで実施されました。ヴィンソン データを検討し、研究論文を書いた。

ヴィンソン研究で使用される緑のコーヒー豆抽出物適用食品科学株式会社、テキサス州に拠点を置く会社によって提供されているながら彼は会社がまた彼の研究を書くことを支払ったについては言及しなかった。

この潜在的な利益相反について尋ねられたとき、ビンソン彼は財政的に、会社の製品の多くを販売しているかどうか、ジャーナルが彼の関係を開示する必要としなかった得る doesn’t と述べた。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

しかし、それを読む人に誤解を招くことができるので、情報開示の欠如は深刻なは、Sharma 氏します。


を検索 “緑のコーヒー豆抽出物 – 博士オズの減量をお勧めします”

  • オズ 減量
  • 女性 おすすめ 緑色 もの
  • 斬新な肥満についての研究

のための関連記事 “緑のコーヒー豆抽出物 – 博士オズの減量をお勧めします”