緑のコーヒー豆の健康上の利点を抽出します。

社会で最もコーヒーが健康に悪いと信じがこれだけ一部真実の言葉です。純粋なグリーン コーヒー エキスは、重量損失製品市場でベストセラーの一つとなっています。緑のコーヒー豆抽出物がいくつかの非常に良い健康とパフォーマンス関連の利点。

コーヒー植物の 2 つの主要な種類があります。アラビカ、ロブスタ。最高品質の緑のコーヒー豆抽出ポリフェノールの抗酸化物質のクロロゲンおよびコーヒー酸の高いアラビカ工場から来ています。コーヒーを飲むの大部分は行方不明のコーヒーが含まれている利点の多くのです。抗酸化コンテンツを大幅に深い焙煎のプロセス。

さらに、コーヒーは、世界で最も広く殺虫剤/除草剤散布作物の一つです。研究 1000 を超える有毒化学物質でのロースト コーヒーを示しています。それは、ホルモンを模倣する、私たちの肝臓、腎臓や腸を充血の癌の成長を促進するこれらの危険な化学物質の無料です有機コーヒーを使用することが不可欠です。

アミノ酸アスパラギンと相互作用する糖の高温調理 (焼く、揚げる & 焙煎) の損害賠償と別の強力な発癌物質が生成されます。この化学反応は、強力な発癌物質アクリルアミドを作成します。インスタントと深くロースト コーヒー醸造のコーヒーよりも大幅にアクリルアミドが示されています。

コーヒー消費に関連する多くの偉大な健康上の利点です。2011 の最近の研究はコーヒー消費個人 II 型糖尿病のリスクの最も低いことが示されました。研究者はクロロゲン酸がリリースと、体内の余分なブドウ糖の作成を削減できるとわかりました。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

緑のコーヒー豆抽出物の健康上の利点

純粋な緑のコーヒー豆抽出は非常に人間の体 polyphenal の抗酸化物質の高い含有量のために有益です。抗酸化物質、有害な毒素やフリーラジカルから体を保護するなど健康上の利点を提供しています。緑のコーヒー豆抽出物と内が抗酸化物質の重量を失う、彼らの新陳代謝を高める、健康な心臓機能と血圧を維持する人々 を助けるかもしれない。

緑のコーヒー豆抽出物の重量の損失

緑のコーヒー豆抽出内その酸化防止剤のおそらく最も顕著なクロロゲン酸です。方法血糖値を変更するこの強力な抗酸化ブーストの代謝を体内に吸収されます。

クロロゲン酸グルコースのリリースに血流が減少します。最高グルコース量の食事と身体活動後に解放されます。ボディこのグルコース エネルギーとして使用します。体としてたくさんのブドウ糖を解放しないときは、脂肪細胞のエネルギーを燃焼することを余儀なきます。このプロセスは産熱効果と呼ばれます。

クロロゲン酸はまた、食事中の脂肪の吸収を妨げることができ、クロロゲン酸の強力な抗酸化効果も新しい脂肪細胞の開発を減らすことができます。これらすべての要因はクロロゲン酸の減量に貢献します。

グリーン コーヒー豆抽出物の抗酸化物質の保護

純粋な緑のコーヒー豆抽出毒素やフリーラジカルから身を守るに役立つ多くの抗酸化物質が満載されています。グリーン コーヒー豆エキスを発見抗酸化物質は、彼らは体の細胞や DNA への損傷を行うことができます前に多くの種類の発癌性化合物を中和する作業します。これは、病気の開発から体を保護するのに役立ちます。抗酸化物質は、高齢化のプロセスを遅らせるためにも。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

健康的な血圧のための緑のコーヒー豆抽出

クロロゲン酸健康な血圧を促進するためにされている. します。この抗酸化物質は、通常の範囲内で健康的な血圧を維持する体を助ける LDL (悪玉) コレステロールの酸化を防ぐためにフリーラジカルを中和することによって動作します。

緑のコーヒー豆エキス (心臓血管の健康

ホモシステインの高濃度を含む血液は、心血管疾患、心臓発作、脳卒中と血液凝固を引き起こすことができます。緑のコーヒー豆抽出が見つかりましたクロロゲン酸ホモシステイン濃度の測定、血液量を減らすために示されています。

緑のコーヒー豆エキス (健康的な血糖値のレベル

研究は、クロロゲン酸が健康的な血糖値のレベルを維持するために緑のコーヒー豆抽出借りてで見つかったことを示します。不健康な血糖値のレベルは、高血圧と肥満に定期的に関連付けられています。クロロゲン酸不健康な血糖値のレベルのブドウ糖の生産を阻害することによって削減体脂肪、健康な血圧を維持体を助けることができない場合があります。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック

緑のコーヒー豆抽出の血糖値のバランス

血糖値のバランスは絶対に重要な測定と体の健康な高齢化のです。あまりにも多くの砂糖、穀物、食の血糖値の不均衡に します。体は、高血糖と低血糖症のスパイラルを行きます。これらの血糖値の不均衡は、その被害のホルモン制御システム、臓器や免疫機能に、体の炎症を引き起こします。

グルコースのオーバー ロードは、血糖値の不均衡のもう一つの主要な原因です。血糖値が上昇しているにもかかわらずブドウ糖が血流に筋肉と肝臓の組織によって解放されたときに発生します。これの一般的な兆候は、血糖値空腹時高架です。夜に、個々 の筋および肝臓から、血糖値の上昇の放出を引き起こすブドウ糖 6 のホスファターゼ (G6P) 酵素活性を高めた。体は基本的にこれらの組織を食べています。

最新の証拠は正常な空腹時血糖値範囲 65-85 mg の/DL の間を示しています。一方、ポスト食事 (2 時間後) は 120 ミリグラム/dL 以上移動範囲する必要があります。高いレベルをテストするときは酸化ストレス損傷細胞の明示と体の組織です。

緑のコーヒー豆抽出物、クロロゲン酸の主要な抗酸化剤は深く大幅に血糖値が安定、G6P 酵素のリリースを阻害する示されています。緑のコーヒー豆の 400 mg の投与量を抽出臨床研究の 1 つのポストの食事血液グルコース スパイクで 32 % 削減を示した。これは 160 ミリグラム/dL と非常に危険な血糖値のレベルまで 109 mg の/dL の安全な食後レベルだろう誰かに変換します。

安定した血糖値より良いエネルギー、精神的な明晰、ホルモン機能、解毒機能と体重減少をことができます。生の緑のコーヒー豆抽出カカオなどの他のスーパー フードとシナモンのすべてと一緒に安定化血砂糖と改善全体的な身体機能の偉大な結果を表示します。これらの 3 つの組み合わせは、またさらに大きな効果で体を作成する化します。

コーヒーのカフェインの利尿効果による余分な水を消費することが必要です。水は天然温泉から理想的にする必要があります。 または環境毒素を削除するには、深いろ過プロセスを行っています。

公式のウェブサイトからの緑のコーヒー豆を購入するにはここをクリック


を検索 “緑のコーヒー豆の健康上の利点を抽出します。”

  • G6P 組織抽出液
  • クロロゲン酸 研究者
  • 緑の豆コーヒーはコレステロールを下げる

のための関連記事 “緑のコーヒー豆の健康上の利点を抽出します。”